ライターの誘導文章

プログラムが組めない人の誘導文章

文部科学省が小中学校へのプログラミング教育を本格的に導入する、プログラミングをすると論理思考力がつき・・・・、こんないいことがたくさん・・・と書いている文章を読んでいますと、プログラムを組めないライターが見よう見まねで書いているのがすぐにわかります。
コンピューターはわからないで、心理テクニックだけで惹きつけ、サワリの部分だけ無料、そして高額セミナーへとと誘導をします。
裕福で、お金が十分に使える家庭はそういうセミナーで学んでいただければ良いです。いっぽう私どもの活動は、経済的に苦しい家庭の児童がプログラミング技術を身に着け、将来の貧困連鎖を断ち切ることを狙いとし
ています。

テキストで十分学べる

説明の書き方に
わからないことに即座にオンラインチャットなどで答えています、
という書き込みがけっこうあります。いっけん素晴らしいサービスのようであり、プログラミングは-どんどん習得できるように感じます。
これが言葉のトリックであって、実際にシステム開発に従事し、さらにプログラムを組み続け、現在テキストを作成していることから言いますと、ゆっくり進むわかりやすいテキストで学び、副読の1冊の本で補って習得ができなければ、実務についてプログラムを組むようになるのは困難ということです。
さんすうがわからずに個別指導塾でていねいに習うようなひとは、プログラミングという分野ではなく別な仕事に適性を向けるのが良いと思います。
プログラミングは着想とネバリと細心の注意力が必要です。
解らないことをみんなすぐに教えてもらって理解するのでは、ひとり立ちはかなり困難です。
ただし普通の学力の生徒で大丈夫です。

ただ特にプログラマー・SEとしてやっていくのではなく、知識・教養としてプログラミングを習い、そして十分資金のあるひとには否定しません。というのはプログラミングを知っておくと、このサイトで取り上げて注意喚起をしているSEや業者による法外なプログラム開発料金が先にわかるからです。
私が実際に料金でいかに翻弄されたかを次の『プログラム料金の不透明、いいかげんさ』に書いております。ご自分が将来個人経営者になったとき、また会社で企画部などの部門で仕事をするとき、
プログラミングの概要の知識は役に立ちます。

高額スクールに行けない児童を技能者に!

当プログラミング学習活動は、高額なスクールへ行くことができる裕福な生徒ではなく、ようやく生活をしているような家庭の児童がプログラミングをできるようにして、日本の技術水準を挙げようとするものです。ですからオンタイン学習テキストと副読本、そして質問・回答ネットワークで十分習得できるように工夫をしていmsづぢ、今後も改善を続けます。
もうひとつはプログラミングを勉強することで脳と意欲を活性をさせることを、私は大きく感じています。もし私自身がスクールで手取り足取り習い、JavaScriptができるようになったとしたら、挫折が多いC言語は理解できなかったと思います。途中放棄グループの仲間入りです。
ということで高額のスクールで学ぶことができなくてもまったく引け目はなく、むしろ学力があがってより上のことが習得できると考えましょう。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~18:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

7☆nishiginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています