学生説明

学生のかたへの説明

この活動は

①高額のプログラミングスクールが低所得家庭の児童にも安く習得できる・
②不透明で法外なプログラム開発代金を取るSEや会社に透明化。
を狙いとしています。
そこへ大学生の学生さんのパワーを得る方向で進めています。
できれば高校1・2年生でプログラミングの基礎を習得します。
2~3年後には大学へ進みますから、
プログラミングを学ぶひとが高額なセミナー料を払わされたり、
周り道の勉強をしないようコンサルティング活動をします。

加えて
①ロボット体験。
②JavaScrip の基本の学習指導。
これらは安価ながらも収入を得ることができるしくみになっています。

コンサルティング活動では、
①プログラム言語の種類と使い道や世の需要の説明。
②JavaScript の1行プログラムを組んで体験。
③同じくPython・PHPも体験して、知っているという最初の道筋をつける。
④C言語も準備した実行環境で動かしてみる。
手順はトップぺージに青く図式化してあり、1時間半の説明で料金が1万円としています。

定常収入としてオンラインタブレット学習を使って
数学・英語ほかの自宅学習にお大して質問解答をします。
遠方でなければ、ウォーキングを兼ねて定期的に激励訪問するのが効果的です。
この場合手取り足取り教えなければならないレベルの生徒はお断りし、
そういう学習塾に行ってもらいます。
ほかには生徒集客・宣伝ということでロボットセミナーをすることも強力です。
アメリカ製のロボットカーが推薦で、C言語とPythonnで動きます。

さらにプログラミング教育事業に参加の意向があり、
学資収入を得たいひとは。JavaScript の指導のサポートをいたします。
内容のレベルは市販の3,000円程度の550ページほどある基本書が、
無駄な時間をかけることなく、挫折することなく習得できるという指導です。

 

勉強指導だけでなく、思考力を高める差別化学習指導

大学生のかたにはこの名前で本部からのバックアップ宣伝・周知を行います。プロ家庭教師ですが、よくある協会とは差別化で、プログラミング指導ができる家庭教師会となります。習った生徒は何年か後に大学生になって、自分がプログラミング家庭教師になって学資を得ることができ、需要が見込まれます。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~18:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

7☆nishiginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています