小規模学習塾の生徒集客支援

プログラミングはやさしい

 

 

私はいまのプログラムはたいへん高度なものと思い込んでいました。
小店舗の集客サポートという思考からインスタグラムのようなシステムをSEとともに開発していて、次々と副業SEの中断・放棄に遇いました。

それでもはや自分でプログラミングを習得して完成させるしかないと覚悟を決めて学習を始めました。しかしながら今のプログラミング言語でも中級レベルあたりまでならそう難しくはないことがわかりました。インターネット上で作動するためにサーバーへの書き込みや読み出しの機能が増えているだけで、基本的なプログラミングは同じです。さらに関数というかたちで数多くのミニプログラムが提供されていて、全部を自分が組む必要がなく、それを利用して結果を得ればいいのです。

 

プログラミング教育の本格的導入

そして2020年に小中学校に本格的にプログラミング教育が取り入れられることに合わせ、まだ難解に書いてある本をやさしく小さなステップの段階的に、オンラインで見ることができる教材を作りました。
中級レベルのことがわかればかなりのネット上で作動するシステムの開発ができます。ハッカー対策などセキュリティー面での高度なとは専門の会社に頼めば良いのです。
現在は中学生および数学的思考が高い小学校高学年に理解ができると思いますが、さらにScratch 語による小学生対象にやさしくしたものを制作する考えがあります。

 

いち部無料をウリにするスクールが多い

さて活動を周知するにあたって、インターネットを使おうとしましたら、スクールや大手教育起業の、入会金無料・最初だけ無料という宣伝に埋もれてしまい、家計の事情で高額のプログラミング学習ができない生徒にまったく伝わらないのがわかりました。いまだに登録が無料と言い、顧客データーを集めている会社、またそれを紹介して手数料を取るビジネス者がいます。
紹介会社が特に勧めるプログラミング指導会社にこのようなのがあります。
入会金:21,600円(税込)
授業料:13,824円〜18,144円(税込)
教材費は無料で、パソコンレンタルに2,160円/月かかります。

パソコン貸しますと言うのですから相手は初心者か子供です。

当工房の活動はこのような授業料が払えない家庭を対象とし、将来実務として使える本格的プログラミングの基礎を学習サポートしています。

参考
◎入会金無料
◎登録料無料
◎最初のいち部が無料
◎ロボットセミナーが無料
◎地方自治体が無料でやる無料ロボット講習
などあまりに多い。

 


ロボット教室は強力な生徒集客

最初はロボットでプログラミング力がつくとは考えていませんでしたが、Scratch語の場合画面上でイラストを動かすに代わって、ロボットにプログラム移植して作動させることはたいへん臨場感があり、達成感を感じます。
ロボットは子供の夢をはぐくむ有効な模型工作品と言えます。そしてサイト検索では数多くのロボット教室が開催されています。そこから高額プログラミング講習に誘導をしています。
当活動においては小規模学習中への生徒集客としてとらえ、
■ロボット
■Scratch
■本格的プログラミング言語学習
■学習塾で勉強
という流れを計画しています。ただ当プログラミング工房が教材化して提供をするのはScratch プログラミングからで、ロボットは情報収集までとなり各学習塾が主体になっていただきます。

 

 

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

 

このプログラミング学習の普及活動は特定地域に隔たることなく、各都道府県に少数ずつの参加を狙いとしています。それでようすを見てから参加しようというかたが多いと思われますが、同じ街に参加者が出れば近隣の場合に募集は打ち切りさせていただきます。
私ひとりでプログラミングを再勉強して、その何倍もかけて教材を制作していますから限界があり、次のひと周りの募集は実施するかわかりません。多忙でひとを雇用すれば無料ではできなくなり活動は根底から崩れます。
まずはメールマガジンに登録をいただき、優先させていただきます。マガジンでは最新の動きや収集情報を発信いたします。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

7☆nishiginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら