統合医療ネットワーク

地域活動の連携

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

たいせつな細胞発生を疑似科学と呼ぶ宣伝工作

細胞に関する発見と確認を似非科学と言う医師・研究者がたくさんいます。

それを受けて、調べもせずに細胞の発生に関していっしょになって似非科学と言っているひとがたくさんいます。


高等動物の細胞が体内で分裂増殖しているのを見た(確認)したひとは誰もいません。
似非科学と言っている医師・研究者も同じです。
細胞を生体内から取り出し、シャーレーの中の培養液に漬けると、ほとんど死滅する中で危急的に細胞分裂を見せるものがあります。人間だって、さあ死ぬという局面になると死に物狂いで能力を発揮することは聞きます。


そのシャーレーの中の特別な現象を超拡大解釈して、細胞は分裂増殖すると言っています。
そのミスコピーがいろんな病気や癌の原因であるとしています。


DNAがラセン形であることを発見したワトソン研究所のワトソン博士は、日本のある研究者の質問に対して、
「私は細胞が有糸分裂をしているところを確認していません。」
と答えています。


誰も見ていないものを『細胞は分裂して増殖する』としたのは誰でしょうか。
それはドイツの病理学者・政治家・宗教家でウィルヒョウでした。ウィルヒョウは医師会の会長・自民党の幹事長・ローマー法王とはいかなくてもキリスト教での絶大な権威者を全部もっているようなひとでした。
そのウィルヒョウが
「細胞は細胞からしか生まれない。細胞分裂で増える。」
と唱え、権威でもって
「つべこべ言うな。細胞は分裂するのだ。」
と決めたのですから、反対者は左遷させられたり辞めせられたり、反対意見は箝口令(かんこうれい)となったのでした。

しかしその他に、喜んだ医師たちがいたことでしょう。それが今でも続いています。
癌細胞が体内に発生して分裂増殖を続けるなら、”それを切り取ればよい”と言う治療になります。
癌手術は病院に大きなお金が落ちます。
病院に利益があがれば医師の収入も増えるでしょう。


癌は外科手術をして、癌細胞の取り残しがないように抗癌剤打つと言う、高額医療の治療ができ上がりました。

 

それが現在も続き、手術を受けて抗癌剤を打った患者の生存率はたいへん厳しいものになっています。
ウィルヒョウが言い、病院に大きな利益が挙がるために支持した医師たちの宣伝工作が、似非科学呼ばわり攻撃です。


何の利益も上がらない一般者がそれを信じて、新細胞発生について似非科学と言っているのは奇妙なことです。
そのひと達は、二人にひとりが癌で亡くなっている時代において、手術を受けて抗癌剤を打つ治療をするのでしょう。


抗癌剤で癌が治らないとは言いません。
私の身内・身の周りで6人が手術・抗癌剤で医師の予告どうり1年で亡くなりました。
歌舞伎俳優のきれいな奥様が2年半生存されたことはすごいです。


そして治ったひとがひとりいまして、そのひとは空手道8段、堂々たる体格のひとで、もう20年はいらっしゃると思います。
体力・生命力が強いひとで、ご自分がそのような自信があるなら治癒する可能性はあると思います。
でもふつうのひとである叔父・叔母はみんな痩せ細って亡くなりました。

 


それで細胞が分裂して増えるのか。新生するのかを自分で見ることができます。こちらにはその写真が載せてあります。この新細胞発生のときに、奇形細胞が発生したのが癌細胞であると私は考えています。


原因があるから奇形細胞が発生しました。
近海で奇形の魚が多く泳ぐのは、原因があってだと思うことでしょう。突然の細胞分裂の失敗で、そのあたりだけ奇形の魚が生まれたのでしょうか。


 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら