統合医療ネットワーク

地域活動の連携

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

癌細胞1日5,000個発生の疑問

ネットの記載のあちこちに、ライターのようなひとの出版した本、
なかには医師が著書に
『癌細胞は毎日身体に3,000個から5,000個発生している。』
と書いています。


それは遺伝子の複写時のミスコピー、または活性酸素によって遺伝子が
傷つけられて突然変異が起きるとしています。


ところは最近遺伝子のミスコピーということはあまり言わなく
なりました。


いっぽうで何年か前に癌細胞の発生はb1日300個から500個と
していたのが、急に10倍になりました。

 

これは癌細胞の発生を顕微鏡で数えて言っているのではありません。
まず、細胞は細胞分裂で増えるという前提があって、
癌細胞も分裂増殖するということになっています。


確かに癌細胞を生体内から取り出し、培養液に漬けたりすると
分裂増殖をするものが出てきます。
しかしそれを生体内でもそのとおりとするのには、疑問があります。

そして1日に5,000個というのは計算上で出した数字であって、
数えたのではありません。
事故率から、これくらいはあるだろうとはじいただけのものです。

東京でお会いして話したことがある内海医師もこのように言って折られます。
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/946036465480107

 

 

さて確かに癌細胞は発生します。

それは細胞分裂とは決まっていません。
生体内の状態がひどく悪化していると異常細胞が発生します。

マックス・ゲルソン博士は癌は、
『肝臓・腎臓および関連する器官の代謝が低下すると癌が発生する』
とし、数多くの臨床の医師が、その可能性があることを述べています。


ゲルソンの全書は自分の経験や考えだけでなく、実に数多くの医師の
経験からのことを集大成して書いています。

 


日本の医師のほとんどがが、癌は
◎ミスコピー
◎遺伝子の突然変異による分裂増殖するする細胞

と口をそろえて言っているのとは異なります。
その先は外科手術・抗癌剤投与と言うことです。


そしてそういった医師のほとんど全部が、自分が癌になったときに
自分には抗癌剤を打ちません。

代替療法をします。

 

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら