統合医療ネットワーク

地域活動の連携

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

毒物や活性酸素は細胞膜を破るのか

毒物や活性酸素は細胞膜を破るのか

癌にかかり、手術抗癌剤投与をしないで治療をし、
再発しないでいる医師が本を書いています。
代替医療による癌治療です。
このかただけでなくみんなそうなのですが、
◎細胞は分裂増殖する。
◎癌細胞は際限なく増殖する恐ろしい細胞。
◎毒物や活性酸素が正常な細胞を襲い、
 細胞膜を破って攻撃し異常を起こさせる。
と書いています。

三番目により癌が発生するという説明です。
では毒物や活性酸素によっ細胞膜を破られた細胞が
生存していられるのでしょうか。

細胞質が外に流れ出し、全部が破壊されるのではないでしょうか。


この本の別な章で、キラー細胞が癌細胞の細胞膜に穴を空けて、
破壊して処分するとあります。
細胞膜を破られた細胞は破壊されるわけです。
しかし毒物に破られた細胞は生きていて遺伝子だけ
変異を起こすということです。


そこで毒物や活性酸素が細胞膜や細胞核膜を破り、
細胞を死滅させないで遺伝子だけ損傷するということができるのかです。

ここから、毒物や活性酸素が遺伝子を損傷させて、
癌細胞を発生させるというのはおかしいと言えます。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら