統合医療ネットワーク

地域活動の連携

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

子供を隔離するような癌治療

子供を隔離するか、寝た子を起こす癌治療

近の子供は突然キレ、暴力を起こします。

ではその子供を一般社会からどんどん隔離し、いないようにすれば解決が付くでしょうか。
きっと新たな問題が起きて来るでしょう。

考えられる子供のキレは
①親がまず子供の躾・教育を知らない。
②脳の障害。


①はそのとおりだと思います。知り合いの幼児教育の大学の先生が
生まれたときからもあるし、発育段階でできる脳障害もあると言っています。

しかし教育制度ではどんな子供も社会に適応して、生きて行くことを願っています。

しかし私は重金属や有害ミネラルの蓄積がキレる子供にしていると考えています。
東京銀座で解毒を主とした治療で成果を挙げている医師がおられます。
またキレル小学1年生に聞いたら、毎日ペットボトルのジュースを1本飲むと言いました。
サイズを今度聞いてみますが、砂糖の過剰摂取です。


さて癌腫瘍ができたとき、現在の西洋医学では外科手術で切り取り、抗癌剤を打ちます。
すぐに上の例なら子供を隔離・切り離すというやりかたです。
そうなった原因を探ろうとはしません。
この治療で他にもある癌の要素を起こす、つまり寝た子を起こすこともあります。

それには癌は細胞分裂の異常で、どんどん大きくなる恐ろしい細胞と考えているか、
もしくはそう思い込ませようとしている可能性があります。
なぜなら、外科手術・抗癌剤治療には大きなお金が落ちるからです。

癌は内科の病気と思いますが、外科の専門になっています。
代替療法も含め、なぜ癌になったかを探り、そこから正していく治療でないと完治しないのを感じます。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら