統合医療ネットワーク

地域活動の連携

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

マクガバン報告の重要事項

マクガバン報告の最重要点

マクガバン上院議員による調査報告は5,000ページのたいへんな資料ですが、久郷晴彦というかたがアメリカの図書館でコピーをして日本に持ち込んでいます。

「癌は薬で治りますか。」
とマクガバン上院議員。
「治りません。」
と医師の答。

「では癌の原因は何ですか。」
「癌と成人病の原因は90%が食事です。アメリカ人は動物性たんぱく質と動物性脂肪を摂り過ぎています。加工食品の摂り過ぎの弊害があります。
加工食品には植物繊維がなく、またミネラルとビタミンが不足しています。
またアメリカ人は砂糖を摂り過ぎています。糖尿病患者は加工食品を摂り過ぎて、それに含まれている砂糖を多く体内に取り込んでいます。
癌を含む成人病の原因は、現代のアメリカの食生活にあります。」
「では、どうすればいいのですか。」
「50年前のアメリカにはこんなに癌や成人病はありませんでした。癌患者は毎年12%の勢いで増えています。アメリカ人は50年前の食事に戻すべきです。」


これがマクガバン上院議員の質問に対する医師の返答です。
アメリカでは国民にこの報告書の内容が公開されました。
それでアメリカでは癌は抗癌剤では治らないこと、その原因は間違った食事から来ていることを知っています。


日本ではこの調査結果は公開されませんでした。
それどころか癌は外科手術と抗癌剤で治療するようにガイドラインを定めました。アメリカの製薬企業は、国内で売れなくなった抗癌剤を日本で使わせるようにしました。

加えてアメリカでは肉食が減り、売れなくなった食肉を日本に持ち込んでいます。
アメリカの肉は牧草に女性ホルモンを混ぜて家畜に食べさせています。
これを食べれば人間のホルモンバランスが崩れます。
かなり昔ですが、肉を多食する若い男性の乳房が大きくなって来たという記事がありました。


アメリカ上院議員の調査で判明した2つの毒は日本に持ち込まれ、何の疑いももたない人が食べたり、治療を受けたりしている現実です。


補注:
この文章は私の知人が書いたものです。主婦の友社 粉ミルク健康法からです。
まさしく王様の耳はロバの耳になるべき事実です。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00
0776 35-5237 固定電話ありますが、外に出ることが多く出られません。

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

携帯Cメールを多く使用しています

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、確認されている事実に基づかない医学理論や健康法が多いため、25年にわたり調べてきた医学関連について本格的に発信をしています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

0776-35-5237

090-8269-8725

(固定電話は外での仕事により不在が多くなっています)
〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら