スリランカにアーユルヴェーダ医院

ご自慢の庭の写真投稿

お気軽にお問合せください

090-8269-8725

受付時間:8:00~18:00

抗癌剤を打たない癌再発予防

271名の医師に自分への抗癌剤治療
調査。270名が打たないという結果。

私たちは癌の再発予防の活動をしています。

医師は自分に抗癌剤を打たないという事実があります。それはこのような理由によります。
厚生労働省は治療のガイドラインを定め、癌治療もそのように行うように指導をしています。
もし医師が新しい治療をして患者さんが死亡した場合、遺族が
「指導どうりの治療をしていないから死んだのではないか。」
と訴訟を起こしたりします。抗癌剤で死亡しても裁判で不利にはなりませんが、ガイドラインに沿わない治療では医師会の助けなども受けることができず、医師は窮地に陥ることになります。
それよりも身の安全な抗癌剤治療を勧めることになります。

では抗癌剤とはどういうものでしょうか。
病院では施錠できるところに保管される劇薬です。抗癌剤はアメリカで製造されています。現在アメリカでは現代西洋医学よりも代替医療を受けるひとが多く、抗癌剤が使われなくなって来ました。
それで日本の癌患者に使わせようということで圧力をかけているのが伺われます。
●医師が癌になり抗癌剤を使わなくても、担当医師は訴訟をされることがないため。抗癌剤治療を無理にしません。お互いに抗癌剤があまり効かないことを知っています。
●抗癌剤治療は1クール100万円かかります。3割り負担とすれば病院には300万円が入ります。手術でも同じくらいの医療費が病院に入りますから、手術をして抗癌剤を打つことを、医師は患者さんに勧めます。
こういう構図になっています。

 



患者さんやご家族は医療に関する知識を深め、ご自分で判断することがたいせつです。現代医療は正しいかたちで行われているとは限りません。権威ありそうな師が言うことだからということで、信じたり、仕方なく従ったりします。親切でやさしい医師が言ったとしても同じです。
いっぽうで自分で治療法を調ても、生物学・医学の正しいことを知っていなくてはいろんな治療法に惑わされます。

アーユルヴェーダ新医学会では各県の歯科医のかたをネットワークで結び、正しい医療についての周知と啓蒙活動をしております。歯科医は医学においての基礎を学んでおります。また地域での信頼ある仕事をしていると考えることによります。

 

顕微鏡写真

医師は厚生労働省が定めたガイドラインに従った治療をします。それが抗癌剤です。

医師が抗癌剤を打たない癌治療で、私たちはどのように自分やご家族の治療を行っていけばいいのでしょうか。それには癌の発生原因をきちんと理解する必要があります。
●癌は遺伝子のミスコピーで発生する。
これはスポーツ関係の知人医師も言っておりました。
それから

●活性酸素が遺伝子を傷つける。
これも理論的に考えられることで、多くの医師や研究者が言っています。最初に言い出したのは物理学者です。
しかしながら31億塩基対あるDNAのうち、どうして癌細胞ができて増殖する部分に活性酸素が作用するのでしょうか。活性酸素が原因であればどんどんDNAのあちこちが損傷を受け、いろんな異常人間が出て来るはずです。1個の細胞で10億発生するという数もどう測定したのか明らかではありません。

この顕微鏡写真をご覧になっていただければと思います。
クリックして写真拡大をすると解りやすいです。
10・11・12番の写真です。
遺伝子がない赤血球に癌が発生しています。


医師は大学医学部で習ったことを信じ込みます。
それがおかしいことに気づいても既得権にしがみつきます。
犠牲は患者さんです。

自分がやっていることがおかしいと気づいた医師は葛藤し、悩みます。
大病院の職を投げ出し、収入激減でも自分の思う治療にあたる医師もいます。

私たちはそういった医師と交流をしています。

アーユルヴェーダ活動

  医院開設計画      日本にはない専門的研修     高品質オイル販売代理店

癌は遺伝子のミスコピーによるもの、また活性酸素による遺伝子の損傷という原因と思われない癌発生の事実から、癌は体内毒素による細胞の奇形化という構図が見えて来ます。

農薬・食品添加物・大気汚染の毒物が多くなる中で癌発生率は右上がりに伸びました。
私たちは癌の再発予防ということに焦点を当てて、アーユルヴェーダにより体内毒素の徹底した解毒を行います。
そのうえで研究された食養法により癌再発の予防にあたります。

現在、各都道府県にアーユルヴェーダ・細胞学・食養法といった知識を十分にもち、詳細な説明ができるひとのネットワーク化を進めています。

 

癌治療として免疫力を向上させる方法は有効です。
いろんな免疫アップ法があり、ご自分でよく調べ効果があると判断したものは取り入れて良いと考えます。
ただし癌の発生原因を考えずに、免疫向上だけで癌巣を消滅させることができると思うことは早計です。
免疫療法など部分的にいじるものより、なぜ免疫機能が低下しているかを身体の生理的な機能から良く考えて、総合的に向上をさせることがたいせつという立場を、私たちは取っています。

 

医学研究会の同志開院の医師は、スリランカで十分な解毒をして、食養法による治療はたいへん有効と言われました。

環境も治療に良いとのことでした。
研究会に同席した、癌から食養で治癒した国際弁護士は、
『海外で医師が診察をし、あと日本国内で食事療養にあたり、それをアドバイスすることは医師法に抵触しません。』
と言われました。

それに基づき私たちはスリランカで医師の診断を行い、日本で実績があった半断食とケトン食療法。さらにオルゴン療法により抹消組織の滞留物を除き、血液循環を良くする方法の相乗効果を狙っています。

 

瀟洒な洋館を病院に使用

3階建ての洋館を使って、

アーユルヴェーダ医療
美容施術
セミナー開催
セラピー・カウンセリング
美容&観光宿泊施設
癌再発予防指導

を行います。広い敷地では朝夕に散策して、
心からの癒しを得ることもできます。

 ①アーユルヴェーダ解毒     ②半断食療法    ③ブドウ糖を絶つケトン食事

①体内毒が細胞の奇形化、すなわち癌細胞の発生と捉え、アーユルヴェーダにより体内毒素を排出します。さらにオルゴン療法を重ねて血管組織抹消の滞留物や毒素を排出します。

②食養法である半断食療法により癌細胞を細胞巣から分離させ、免疫機能により処分させます。大阪で7,000名が治療を受け、医師法違反を問われた事件で803名から嘆願書が送られました。(ただし炭水化物が多い粉ミルクは使用しません)

③癌細胞を兵糧攻めにするために、ブドウ糖の摂取を極端に制限します。
ケトン食療法として東京にて医師が実践しています。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-8269-8725

受付時間:8:00~12:00

nishi☆ginzaleica.jp

☆は@に直してください

自己紹介・挨拶

pic-menew140.jpg

文部省下でコンピューター黎明期に図書館電算システム化の開発にあたりました。その後大手金融機関に定年までに勤めました。
退職後、幼児教育・効率的勉強法の工夫・研究をしたりしていましたが、スリランカアーユルヴェーダを知り、単なる美容や病気予防を超えた活用を模索しています。
自己紹介詳細
 

連絡先

平鍋 直博

-

090-8269-8725

〒104-0061 東京都中央区
銀座7-13-6 サガミビル2階

お問合せはこちら